top of page

12月18日(月)

|

千代田区

第一回 公認会計士と行う 新規事業立案・資本政策立案コンテスト

ビジネス創発からシード調達までを体験する1日イベントです。

受付が終了しました
他のイベントを見る
第一回 公認会計士と行う 新規事業立案・資本政策立案コンテスト
第一回 公認会計士と行う 新規事業立案・資本政策立案コンテスト

日時・場所

2023年12月18日 10:00 – 18:00

千代田区, 日本、〒102-0075 東京都千代田区三番町3−8 泉館三番町 2階

参加者

イベントについて

□ 将来起業したい人!すでに起業してる人!急げ!

ビジネスアイデアを競い合うビジコンは数あれど「ビジネスアイデア立案から”シード調達”まで」をたった1日で体験できてしまうビジコンはここだけ!

『第一回 公認会計士と行う 新規事業立案・資本政策立案コンテスト ~ビジネス創発からシード調達までを体験する1日~』が、2023年12月18日(月) に開催されます!

□ 監査法人アバンティア × PROJECT any だからこそ実現できた超実践的ビジコン

本ビジコンのユニークポイントは「投資家が投資したいと思えるポイントが学べる」ところ。新規ビジネスが成功するか否かは、シード調達※が成功するかどうかがポイントです。本ビジコンは、公認会計士のプロフェッショナル集団である監査法人アヴァンティア主催だからこその「投資家の目線を意識した」を意識した実践的なビジコンとなっています。

※シード調達…起業し立ての「シード期」における調達資金。500~5000万円が相場と言われており、ビジネスアイデアの市場調査・製品やサービスの試作品開発に使われる資金のことを指します。

本ビジコン概要

起業家・起業を志すany生と会計士 (模擬CFO) が協力し、新規事業立案を行うビジコン。法人共創パートナー  監査法人アヴァンティアとPROJECT any が共同企画した、any生だけが参加できるオリジナル企画です。

■メリット■

>起業や経営における会計(知識)の重要性が学べます。

>シード資金調達を成功に導くポイントが学べます。

■イベント形式■

ワークショップ

>チームに分かれてのグループワーク。

>各チームに若手会計士が入り、ともに事業構想を行います。

■開催日時■

2023年12月18日 (月)  10~18時

※18~19時は自由交流会

■開催場所■

監査法人アヴァンティア本社 カフェスペース

東京都千代田区三番町3−8  泉館三番町 2階

地図をGoogleMapで確認する

【アクセス】

■ 地下鉄半蔵門駅5番出口徒歩5分(東京メトロ半蔵門線)

■ 地下鉄市ヶ谷駅 A3番出口徒歩10分(都営新宿線・東京メトロ有楽町線・南北線)

■ JR市ヶ谷駅 徒歩12分(JR中央線・総武線)

■ 地下鉄九段下駅2番出口徒歩12分(都営新宿線・東京メトロ半蔵門線・東西線)

■募集人数■

18名 (うち、3名はany出身の起業家)

■その他■

ランチ / 交流会内での軽食付き

タイムスケジュール

10:30 ~ 11:00 特別講義※

11:00 ~ 17:30 グループワーク・発表

18:00 ~ 19:00 自由交流会

※企業における会計知識の重要性とその果たす役割、投資家を惹きつける事業計画の策定方法についての特別講義

主催企業・審査員

主催:監査法人アヴァンティア

https://www.avantia.or.jp/

「圧倒的な個の力を有する優秀人財を輩出する」というビジョンを掲げ、今なお成長し続けるベンチャー監査法人。『監査法人の原点(幻冬舎)』『これならわかる決算書キホン50!(中央経済社)』など出版多数。

審査員:

CEO / 小笠原 直

栃木県出身。一橋大学経済学部卒業。

公認会計士試験合格後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。

その後、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人) に入所し、同監査法人で代表社員を務める。

2008年に監査法人アヴァンティアの法人代表として代表社員に就任し、現在は法人代表CEOを務める。セミナー、執筆も多数。

その他、東プレ株式会社社外取締役、都築電気株式会社社外監査役、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構監事、一般社団法人新現役交流会サポート(SKS)監事、一般財団法人日本アジア共同体文化協力機構監事を務める。 主な会計士協会活動として、元日本公認会計士協会実務補習所副委員長、元公認会計士修了考査試験委員など。

また、元慶応義塾大学環境情報学部准教授、元千葉大学法経学部講師 を歴任。

2018年度から一橋大学大学院経営管理研究科非常勤講師に就任。

COO / 木村直人

長崎県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。

公認会計士試験合格後、TAC公認会計士講座専任講師を務める。その後、新日本監査法人(現新日本有限責任監査法人)、太陽ASG監査法人(現太陽有限責任監査法人)において主に法定監査、上場準備等に従事。2008年に監査法人アヴァンティアの設立に参画、代表社員に就任。

現在、マネージング・パートナーCOO(最高執行責任者)として、業務執行の統括を行うとともに、上場企業監査、IPO監査を中心にM&A、IFRS等に関する財務アドバイザリーなども幅広く展開。書籍の執筆や雑誌への論文寄稿なども多数。

その他、主な会計士協会活動として、元知的財産関連研究プロジェクトチーム副構成委員長。

また、千葉大学 法政経学部 非常勤講師(監査論)を歴任。

パートナー・人材開発室長・地方創生担当・公認会計士 / 梶原大輔

アヴァンティアで監査・コンサル・IPOを同時並行で経験するとともに、個人事務所も開業(梶原大輔公認会計士事務所 代表)。プロサッカーチームの顧問会計士に従事。その他、日本公認会計士協会監査人材採用・育成ワーキンググループ委員、一般財団法人会計教育研修機構東京実務補習所運営委員・法規分科会委員を歴任。

■ご参照 (過去プレスリリース)■

大学生の成長機会を企業同士で支える試み「プロジェクト・エニー」に、監査法人アヴァンティアが共創パートナーとして参画

このイベントをシェア

bottom of page